諸刃の剣

先日、とある理由で英文を読む機会を得た。 ヘレンケラー、ウィトゲンシュタイン、アフリカの原住民が登場する、言語についての論評である。 内容は、これといって目新しいものではなかったが、読んでいるうちに、以前口に出して、宙に浮かんだまま、何処かへ消えてしまった、ある想念を思い出すに至った。 「言葉は諸刃の…