雨の庭、ドビュッシーの「版画」より

人生回り道をしている元受験生、現医学生が、思うことをつらつらと。

分裂

学べば学ぶほど、早く医者にならねばという焦りと、臨床医になるよりも医療に貢献できる道があるのではないかという疑念とが同時に出てきて、将来の自己像が揺らいでいる昨今である。

医師の仕事の何たるかも知らない、コメディカルの方々の仕事はまして知らない、医学的知識もない、という状況で、将来を云々しても仕方がない、とは分かっているはずなのだが。